入居のしおり ①契約編

契約書等は大切に保管してください。
 
「賃貸借契約書」は、あなた(賃借人)とオーナー(賃貸人)とが交わした約束事やお部屋を利用する上でのルールを記載した文書です。利用にあたって制限されていることがありますので、契約書を確認してルールに沿った生活をお願いします。
また、「賃貸借契約書」はその部屋を使う権利を証明するものでもあります。契約時にお渡しした「重要事項説明書」などの書類とともに大切に保存してください。

 


このような場合は当社までご連絡ください。

 

1.出張などで長期ご不在となる場合。(おおむね1ヶ月以上)
2.入居者の変更・増員がある場合。(契約上認められない場合もあります。)
3.建物共用部分等の破損や故障を発見した場合。

 


契約更新手続きについて

 

契約期間満了後も、継続して入居を希望する場合は、契約更新手続きが必要となります。
契約期間満了の1~2ヶ月前には当社より連絡を差し上げ、契約期間満了のお知らせと、その後あなたが継続入居を希望されるかどうかの確認をいたします。継続入居希望ということが確認されましたら、あなたとオーナーとの間に当社が入って調整し新賃貸条件を決定します。契約期間満了までに、更新関係費用をお支払いいただき、新しい賃貸条件に則した契約書を作成して契約更新手続きは完了です。

 

 

明渡しの際の手続きについて

 

契約を解除して部屋を明渡すことを決めたら、早目に当社までご連絡ください。
一般的な賃貸住宅の場合は、解約予告期間は1ヶ月が普通ですが、具体的には契約書で規定された期間になります。また契約上は書面により申し出ることになっていますが、とりあえず当社まで電話でご連絡いただければ、具体的な手続きをご説明します。

 

【解約手続き概要】
1.当社に電話して、解約を申し出る。具体的な手続きの説明を受けて、「賃貸借契約解除申込書」を提出する。(FAX可)
2.引越しの日取りが決まったら、当社に電話して、鍵の返却方法について打ち合わせる。

  (ご希望により、あなたの立会のもと、お部屋の状況確認をします。)
3.解約精算をします。補修費および清掃費のうち、あなた(賃借人)の負担割合を当社が査定します。未払い家賃等があればその額と補修費等の負担分を併せて敷金から差し引き、残った敷金をあなたの指定口座に返却するようオーナー(賃貸人)に申し入れます。


※ごく稀に敷金が不足することもあります。その場合は不足分が請求されます。
※解約精算は、賃貸人から依頼を受けて行う当社のサービス業務です。依頼がなく賃貸人独自の精算による場合もあります。